スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の空気

またもやかなり間が空いてしまいました・・・たかはしです。

皆様ゴールデンウィークはいかがでしたか?
まだつなげてお休みされている方も多いようですね(^^)



すっかり新緑の季節ですね!

いろんな新芽の香りがして、朝、窓を開けて息をすることが楽しみな今日この頃。

だんだんと夏が近づいてくると、生い茂る葉の香りはまた違いますね。



こうした素敵な時期だからか、なんだかいろいろやる気が出てしまい、つい更新が滞り…(いつもですね、すいません)

いろいろと種まきをしてみたり(その割に種が古く、残念な結果に…)

楽しい空想を広げたり。

空想と言っても、最近の傾向や絵画から膨らんだイメージで、オリジナルではありませんが(^_^;)




最近壁に植物を植えている建築が増えていませんか?

あれがもっと発展してくれないかなあ…という空想です。

そのうち、壁からピョーンと枝が飛び出しているような感じになってほしいな・・・などと妄想。

花を活けなくても壁から生えて、果物もなってたり。




こんな私の理想に非常に近い世界を描かれている画家の方がいるんです。

ジブリ映画「耳をすませば」の猫の世界の物語の背景を描かれていた、井上直久さんという方です。

ご存知の方多いかもしれませんね。

見た時の衝撃は忘れられません。



「これこそ!ここに私は住みたかった!」



画集が何冊か出ています。

私も無理しない範囲で集めています(^_^;)

ご興味があれば、ぜひご覧あれ~


スポンサーサイト

桑の木たち

最近はすっかり暑くなり、街路樹の木陰が貴重に思えますね。


そんな近頃ですが、私がひそかに見るのを楽しんでいた桑の木が2本も丸坊主に・・・ということがありました。


結構前の話で、2か月ほど前でしょうか。


一本はレストラン裏手に、もう一本はラーメン店のそばに、かなりの大きさのもので桑の実を食べに小鳥が集まっている時期でした。


まあ、鳥がうるさいとか、汚すといった苦情が来たのでしょうか(~_~;)
(正直、周りの人を怒鳴りつける&大声で威圧する人間や、ごみを散らかしていく人間はあまりはっきり害であると注意されませんが、そんな小鳥の害より小さいものなのか、大いに疑問です!)


そしてレストラン裏手はまあ来年は復活するかな…という感じ。


でも、何も動物にとって貴重な桑の実シーズンを狙って切らなくても。


そしてラーメン屋近くは・・・思いっきり根元から切られ、何とかひこばえを出していましたが、先日ついに枯れてしまいました(>_<)


立派な大木になっていただけに残念極まりないです・・・


こういった自然な植物の生育から、鳥が食べに集まる→ほかの植物の種を輩出する→また動物が集まる・・・という生態系が守られているはずですが、人間が暮らすには邪魔ということでしょう。


せめて自宅で桑の木を育てようかと考えている、今日この頃です。



素敵な香り

今日はきれいに晴れて新緑が鮮やかでしたね。


どこからともなく、いい香りが漂ってくる季節です。


どの花の香り・・・?と考えても、まあどれでもいいか、とその状況を楽しむことのほうが優先されてしまう感じです。




また、こうして香りを楽しむことのできる状況に大変感謝を感じます。

桜が満開

すっかりご無沙汰になっていました。




前の記事で「梅から桜に…」と言っていたのに、もう満開!どころか少し散り始め…

すぐに花散らしの風雨があって残念でした。



昨日は近くの神社の桜がきれいで立ち寄ってみました。

ソメイヨシノは香りがしないと思っていましたが、下のほうに咲いた花に近づくといい香りが…

「ん!?」と思ってよく嗅いでみると、どうも桜から香りがしているようでした。


ソメイヨシノではなかったのか…




桜はいろんな種類があって咲く時期も前後するのがいいですね。

梅→桜

…になりつつありますね。




梅は香りもすてき。

紅梅、白梅、ピンク、でそれぞれ香りが微妙に異なるようです。

私は紅梅の香りが好きです。

一番すっきりしている気がします。



桜はいい香りのする花弁の白い品種がありますが、たいてい香りはあまりしませんね。

ただ、鼻の下に立つとすごくさわやかな感じがします。

はっきりと香りではなくても、成分が何か放出されているんでしょうね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。