スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の花

いつも通る道に紅梅が咲き始めました。

朝は赤い花を見ながらいい香りも楽しめます。




夜にとおるともう真っ暗で何も見えませんが、いい香りだけします。

昔の和歌にそんな内容のものがあったなあ、と思い出しました。


「梅の花は不思議なことをするよ。見えないのにいい香りだけがする」

というような。



昔の和歌や漢文のような歌?詩?が好きです。

昔は自然が今とは全然比較にならないくらい豊かで、そんななかで日々感じることは今の人とかなり違ったんだろうな…と思います。

そんな昔の歌を読むと、じんわり元気が出るような気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。